スポンサーサイト

Posted by 杏里ねぃ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある名言?

Posted by 杏里ねぃ on   0 comments   0 trackback

妹の友達(小学生から付き合いがあるのでねぃも知っている子)


とにかくおバカさんらしい。


そんな彼女は、ことわざや漢字の読み方も


度肝を抜くぐらいすごい。


そして、そんな彼女が口にした中で


「名言」?と思えるようなことが一つ。


聞いた時は、ある意味そうかも・・・と思ってしまったその発言。






IMG_0568.jpg









人生山あり川あり














IMG_0570.jpg


あながち理解できないわけでもない。







ホラ、登りに登って・・・


もがいてもがいて・・・


しっくり来たのです。












明日は・・・NDA木曽観戦に行くかな?

スポンサーサイト

この人の血が流れているとは思えない。

Posted by 杏里ねぃ on   0 comments   0 trackback

久々の武勇伝。


またしても、祖母のトンデモナイ武勇伝。(我が家の人間にとっては)


我が家は、ド田舎で家畜が周辺に多々ある。


更に言ってしまえば、家畜の排泄物を発酵させて肥料にするために


放置してある場所が実は我が家の真西


てことで、餌になる蠅が多いため


木の多い我が家では、クモが大量発生。


しかもいっぱい食べて肥えていて、なかなか凶暴なため


鳥が捕食せず。いわゆる怖いモノ知らず。


なので数は減るどころか、増える始末。


そんな奴等にも唯一強敵がいるのだ!


それが、祖母。


昔の人はんなモン気持ち悪くない”とかゆう話だが


クモはいいけど蛇がダメとか言っちゃってる(爆


我々にとっては蛇のほうが何百倍も可愛いんだけども。


親父もねぃと一緒で極度のクモ嫌いですのでお手上げ。


祖母は素手で奴等を掴む、トンデモナイ人。


見ないけどね、見たくないけどね(そうしゃべるんだあの人)


とりあえずクモの巣●●ットやア●●ジェットを使わないってのが


なんとも丈夫いな~と感動してしまう。


祖母の武勇伝は、親父の武勇伝なぞ比べ物にならないのである・・・。

うちの親父の武勇伝。

Posted by 杏里ねぃ on   0 comments   0 trackback

ねぃの親父は
















食パンを















3口で食べる。


















   




ゴリラめ。ウホウホー・・・なんちって。  by杏里
26譌・+639_convert_20091018194702



3口で食べるって。ワニなのかカバなのか。
























いえいえ、ゴリラです。

















ねぃはゴリラJrの素質は持ち合わせておりませぬ。
(ゴリラ遺伝子は受け継がれなかった!!)














ねぃは食べるのが遅すぎらしい(そら”公認デスことよ~)













親父の武勇伝は、人じゃないのでネタとしては期待大。

ねぃの負けず嫌いが生んだ武勇伝

Posted by 杏里ねぃ on   0 comments   0 trackback

小学校時代、よく放課後にかくれんぼをやっていた。















ルールはもちろん、校庭のどこかに隠れるとゆうこと。














タイヤの遊具が格好の隠れ場所だったが、












すぐに鬼に見つかるため
















ねぃはどこに隠れたかとゆうと













植木の中。

















もちろんそんなとこに隠れるなんて思ってる人なんざ誰もいないから










ガサガサ出てきたら本気でビビられました。



26譌・_convert_20091016180558




ええ。あの頃のねぃは本当にじゃじゃ馬でした。











鬼ごっこでは、






すべり台に追い詰められたらすべり台の頂上から下に飛び降りるし(猿か!)












逃げ切るためならフェンスだってよじ登るし












捕まりそうになったら加速(車か!)













そんな野生児がやっと普通の人になったのは中2でした。












今思えば、あのじゃじゃ馬ぷりはモロ親父似だたと思います。

ねぃの武勇伝。

Posted by 杏里ねぃ on   0 comments   0 trackback

ねぃの幼き武勇伝。











小学校の運動会。リレーの時の出来事。













当時、学年でも5本指に入るぐらい足が速かった(もちろん血統です)ねぃは、アンカーでした。












4~6年生は200Mを走るわけですが・・・アンカーにバトンが渡された時、ねぃのチームは3位でした。










トップとの差は半周。もう無理か?と思いつつ出発。



















で、















恐ろしい勢いで前の2人を追い抜き、優勝












小学校時代最大の仰天出来事でした。

26譌・+611_convert_20091015083735


中1でバスケをやめるまでは、100M・200M走共に学年1位でした。















そんな奴も今はこんなに落ちぶれました。笑えねぇなオイ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。